京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年03月06日

野菜の保存方法を考える2

野菜の保存方法を考える2
ネギの生命力はすごいですね

他にも冷蔵庫で場所をとってしまう大きい野菜の保存方法も知っておくと、冬の寒い日など白菜でいつでもおいしい鍋が作れる料理のコツとなるかもしれません。
例えばキャベツ、大根、白菜などは新聞紙にくるんでそれをビニール袋に入れて保管すると長持ちします。
冬などで外気温が10℃以下の場合は、そのビニール袋のまま冷蔵庫にいれなくても大丈夫です。
室内に置いておいてもいいし、ビニール袋に入れたものをダンボールに入れて日陰に置いておけば戸外でも十分保存できます。
ただし、カットして売られている野菜に関してはもう葉っぱが傷ついていて老化が早いのでこの方法はできません。
冷蔵庫での保存期間は、葉物類で3日程度、そのほかの野菜は通常1週間程度は保存できます。
サトイモやかぼちゃなどは長期保存が可能で3週間も保存できます。
ネギ、にんじん、ごぼうなどは昔ながらの手段で土に返すという方法があります。
ネギの場合は白い部分だけを入れて青い部分は地上に出しておきます。
自宅の庭の土に埋めておいて使うときに掘り出すのです。
冷蔵庫に入れるよりも意外に長持ちします。
たくさん買いすぎてしまったときはぜひお試し下さい。
外側がしおれて見えても、内側は新鮮な状態なので外側だけめくればおいしく食べることができます。
それぞれの野菜や果物に適した保存場所、保存方法を知ることが、いい状態の材料を使っておいしいものを作る最大の料理のコツなのです。
まずはよく使う野菜や果物数点だけでも保存方法をチェックしてみることから始めましょう。
  


Posted by teibanryori  at 16:35野菜

2010年03月05日

野菜の保存方法を考える

野菜の保存方法を考える
傷がついたまま保管するち他の葉まで老化するとは管理がなかなか大変ですね

ここで材料となる野菜の保存方法をみてみましょう。
なんでも冷蔵庫に放り込んでおけば保存できていると思い込んでいる人も多いはずです。
いい状態で食材を保管して、料理することは基本的な料理のコツです。

一緒に保管すると他の野菜や果物を老化させてしまう野菜や果物があります。
これらを一緒に保管しないことがとても重要で、材料の鮮度を保ちおいしく料理を仕上る料理のコツとなるのです。
老化させてしまう原因の「エチレン」を発生する野菜や果物は、トマト、桃、リンゴなどです。
逆にエチレンによって老化させられてしまう野菜や果物は、キャベツ、きゅうり、レタスなどです。
これらの食材は冷蔵庫の中でそれぞれ別のビニール袋に入れて保管します。
ビニール袋の口はきちんと縛っておきます。
この際に野菜などの葉っぱにキズがついたものは必ず取り除いてから袋にいれましょう。
キズがついたまま保管すると他の葉っぱも全て老化してしまいます。
野菜や果物を保管する冷蔵庫の温度は2℃〜5℃に設定しておくのがベストです。
これが食材たちを一番落ち着いて眠らせる適温だからです。
高すぎても低すぎてもいけません。
ビニール袋は適度に通気性があるので、野菜や果物も呼吸をすることができます。
ですから保存するには最適な入れ物です。
それぞれの大きさにあわせて、大きいサイズ、小さいサイズのビニール袋を用意しておきましょう。
面倒ですが、それぞれの種類の材料を個別に保存することが一番確かな手段といえます。
  


Posted by teibanryori  at 15:35野菜