京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2010年02月24日

電子レンジ料理のコツ2

電子レンジ料理のコツ2
こんな簡単にローストビーフが出来るんですね

電子レンジを活用した簡単料理はまだまだあります。
次にご紹介するのは、「ローストビーフ」です。
ローストビーフと聞くと通常はオーブンでじっくり焼いて仕上る手間のかかる料理というイメージがあります。
しかし電子レンジを使えばこのローストビーフが簡単に短時間で作れます。

それでは電子レンジで作る「ローストビーフ」の料理のコツをご紹介しましょう。
準備するものは、牛肉の塊300g、オリーブオイル、塩とこしょう少々、にんにく少々です。
これでおよそ2人分の量が出来上がります。
まずオリーブオイル1/2と塩、こしょう、にんにくをボウルなどに入れて混ぜ合わせます。
よく混ざったらそこに牛肉の塊を入れてタレを塗りつけていきます。
このとき最初に牛肉をキッチンペーパーなどで水気を軽く吸い取っておくとタレが染み込みやすくなります。
電子レンジで1分30秒程度加熱します。
このとき、電子レンジのターンテーブルの端のほうに材料を置くのが電子レンジ料理のコツです。
ターンテーブルの端のほうが中央よりも熱を受けやすいのです。
今度は牛肉をひっくり返して反対面を1分30秒加熱します。
できたら、牛肉の塊をラップでくるみます。
さらにその上からアルミホイルでくるんで密閉します。
この状態で10分程度放置します。
アルミホイルなどでくるむことにより余熱を利用してお肉の中まで火を通すためです。
これが電子レンジでのローストビーフ料理のコツです。
たったこれだけで簡単にローストビーフの出来上がりです。
  


Posted by teibanryori  at 14:35電子レンジ

2010年02月23日

電子レンジ料理のコツ

電子レンジ料理のコツ
まさか電子レンジで魚が焼けるとは思っていませんでした

それでは、電子レンジを活用した電子レンジ料理のコツをご紹介しましょう。

一般的に焼き魚を作るときはグリルで魚を焼くと思います。
電子レンジでもおいしい焼き魚を作ることができることをご存知でしょうか。

必要な材料は、クッキングシート、ラップ、小鉢、塩とサラダ油少々です。
まず最初に魚の下ごしらえです。
魚のうろこや内臓などを取り除き下処理します。
次に魚の胴体の部分にバツと包丁で切れ目をいれます。
これは魚が電子レンジの中で破裂しないようにする料理のコツです。
次に魚全体に薄くサラダ油を塗ります。
魚の塩焼きを作る場合はこのあと魚全体に塩をふりかけます。

クッキングシートを準備します。
クッキングシートの上に魚を置きます。
このとき魚を包みやすいようにシートに対して斜めに置くのがこの料理のコツです。
クッキングシートで魚を覆うように三角で包みます。
それぞれ三箇所の端をクルクルとねじって魚の汁がでないようにしましょう。

魚を包んだクッキングシートを小鉢のような少し高さのある器の上に乗せます。
このとき器の中に入れるのではなく、小さめの器の上に魚を乗せて宙に浮かせるというイメージです。
こうすることで電子レンジの底と魚の間に空間ができて魚の下側にもきちんと熱を通すことができるのです。
500wの電子レンジで約4分加熱すれば出来上がりです。
魚の種類や電子レンジによって若干加熱時間に違いはありますが仕上がりの様子を見ながら時間を設定しましょう。
グリルで焼くよりも短時間で簡単に焼き魚が出来上がりました。
  


Posted by teibanryori  at 12:35電子レンジ

2010年02月22日

電子レンジを活用する

電子レンジを活用する
ハンバーグをレンジで作ったことはありませんでしたが今度やってみようと思います

料理を早くおいしく作るためには、電子レンジをうまく活用するという料理のコツがあります。
おいしいだけではなく、調理時間の短縮にもつながります。
電子レンジを冷めたご飯などを温め直すときだけに使用している方も多いかもしれません。
ぜひこれを覚えて早くておいしい料理を作ってみてください。
電子レンジ料理のコツとしては、全てを電子レンジでやろうとしないということです。
例えば、ハンバーグなどを作る場合、フライパンで焼くだけではお肉の中心部分まで火を通すのに時間がかかってしまいます。
さらに中心まで火が通ったときには表面が焦げてしまったという経験をされた方もいると思います。
ですから、最初に表面だけをフライパンで焼いて、その後は電子レンジに入れてお肉の中に火を通すと表面はカリっと中はやわらかくてジューシーなおいしいハンバーグができるというわけです。
過熱しすぎると、ハンバーグの中のうまみ成分が全てなくなってジューシーさもなくなってしまうこともあるので、この併用法はとても有効です。

他にもほうれんそうなどの葉物類をゆでる場合も、洗ってからラップでくるんで電子レンジで温めた方が簡単にそしてうまみ成分も逃すことなく火を通すことができます。
もちろんそれ以外にも冷凍しておいた、お肉やお野菜などを解凍する際にも、電子レンジは活躍します。
材料の下ごしらえにも役立ちます。
豆腐をキッチンペーパーで包んで2、3分加熱するだけで豆腐の水切りができます。
従来のように長時間豆腐に重石をして放置する必要がないのです。
さらに干ししいたけなどの乾物も従来は水につけて何時間も放置してやわらかい状態にもどしていました。
しかしこれも水と干ししいたけを入れてラップをして電子レンジで少し加熱するだけですぐにもどすことができます。
電子レンジの特性を知り、うまく活用すれば時間短縮もできておいしい料理ができあがります。
  


Posted by teibanryori  at 22:35電子レンジ